≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

見学は重要だが、もっと重要なのは・・・

「営業マンに話を聞くより、建てた人の家を見に行く方が良い」
最近、地方局のテレビCMで某住宅メーカーが謳っていた。

間違いではない。「百聞は一見に如かず」と言われているように「見る方」が良い。
更に展示場と違って住んでいる人のナマの声が聞けるからなお良い。

・・・と思ってしまう。

しかし、見学できる家は決まっている。大半が「新築」か「築数年」。更にクレームが少ない施主であること。が住宅メーカーの基本であろう。見学させる施主には「割引」や「記念品」「金券」が提供される。某営業マン曰く、自宅を「見学させる」アルバイトをしている主婦もいるそうだ。トークも下手な営業マンよりも上とのこと。客が迷っている時などは必ずその主婦の家に連れていくとまで言っていた。

新築や築数年であれば「建売住宅」を見学するのと何も変わらない。建てたばかりの施主の大半は満足している。注文住宅であれば何度も打ち合わせをしながら希望の家を建てるのであるから見た目で100%納得しているはずだ。したがって「家そのもの」より、建てるまでの工程「打合せ」から「建築中」に関しての話を窺った方が参考になろう。

住宅は新築だけではなく「過去の作品」を見学することが重要!

家を建てる前には「新築、築10年、築20年、築30年」と見学させてもらうことである。そこで営業マンの意見、施主の意見を聞いてみること。家は「アフターメンテナンス」が必至であるが、どんな対応をしているかも大いに参考になる ・・・住まいブログへ

*大手ハウスメーカー8社が共同運営する新築一戸建てポータルサイト
スポンサーサイト

| ・見学 | 09時33分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。