≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

住宅営業マンから「学ぶ」ことが多い

教育されていない営業マンや売れない営業マンは別である。

営業教育がしっかりされている住宅メーカーの営業マンはお客様に対して
決して「ノー」と言わない。「応酬話法」を当然のように身につけているからでもあるが・・・。

したがって、お客が無理なこと、間違ったことを言ったとしても
「そうですね」「なるほど」「仰るとおりです」が合言葉だ。

その後、「でも」「ただ」・・・と繋いでくるはずである。

一人で年間数億円を売り上げる住宅営業マンは「セールスマニュアル」等を活用し教育される。「グループ教育」から「個別指導」に至るまで数週間から数カ月は住宅メーカーでは当たり前。「売れる営業マン」を生み出すことが住宅メーカーでは大切であり先行投資は必要不可欠だからでもある。したがって3か月の試用期間で辞職していく者も少なくない業界であるようだ。

昨年は多くの住宅メーカーが「販売棟数」を減らしている。デフレの影響であろう。
要は住宅営業マンが売り上げ実績を減少させているのだ。ところがこんな時代でも10数棟販売する営業マンも数多い。先日お会いした大手住宅メーカーのAさんもその中の一人。年間で三億円以上を一人で売り上げている。

若い営業マンだが私も大変勉強になる。
10年前は展示場に来場されて、その場で「ご契約」いただくお客様も多かったと言う。
しかし今は、家の良さを知っていただく前に「お客様」と「営業マン」が親しくなることが先決だと言う。当然であろうが「アプローチ」が営業マンの真髄なのだ。

どの業界も同じなのだろうが、「お客様を気持ちよく」がキーポイントになるのであろう ・・・住まいブログへ
スポンサーサイト

| 住宅営業マン | 18時55分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

どうして「そこの業者」で家を建てたのか?

様々な住宅情報誌から情報サイトなどを見ていると「営業マンが親切だったから」などと言った回答が大抵ベスト10に入っている。

洗練された住宅営業マンだから当然と言えば当然であろう。
数千万円もする買い物を嫌な営業マンからは買いたくない。

最近はこの「嫌な営業マン」を探すのが難しい。大手のメーカーだとジャニーズ系(?)の好青年がほとんどで、しっかり教育されている。昔いた「おじさん」たちは何処へ?

住宅営業マンの仕事は何だ!と思わせるようなことも・・・。
顧客の「買い物」や「アッシー君」は良く聞く。
とにかく契約前の営業マンは・・・凄い!
法を犯さなければ、「何でもする」なんてのがざらにいるようだ。

ただ大切なことを忘れてはいけない。
深く付き合えば付き合うほど断ることは難しくなる。
「家は営業マンで決めるのではない」
これだけは、頭の片隅にでも置いておくべきである ・・・住まいブログへ

*大手ハウスメーカー8社が共同運営する新築一戸建てポータルサイト

| 住宅営業マン | 16時47分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

景気低迷で住宅営業マンも「大変な時代」に・・・

近年は、住宅も売れないようで住宅メーカーでは「売れない営業マン」をクビにするところも増加してきているようだ。ところが、「クビ」となると様々な補助金が貰えなくなるだけでなく企業イメージも低下することは当然であろう。

したがって、住宅メーカーも「会社都合」による退職でなく「自己都合」による退職にしていることがある。しかし、これが問題なのだ。理由が違うだけでも実は「全く」違う。

退職者としては「会社都合」による退職であれば良い。
しかし、「自己都合」退職だと「失業保険手当」が3カ月は支給されない。
更に就業年数にもよるが、失業保険の手当て貰える期間が「倍近く」変わる場合がある。
だからこそ、「本当の理由」をハローワークに伝えるべきである。

違法なことをして、多くの失業手当をもらう訳ではない。
企業側の理不尽な考え方で、弱者が泣き寝入りしている場合が多いからである。
悲しいのは知識がないため、会社側の言いなりになっている者が多いようだ。

今回も某大手住宅メーカーをクビになった営業マンからの相談であった。

「離職票」には「自己都合」と記されている場合がある。
しかし、「会社都合」であれば毅然とした態度で「申立て」するべきであろう。
ハローワークで理由をしかっり話せば、「申立書の様式」が貰えるため
「会社都合」の理由を記入すればよいのだ・・・住まいブログへ
ハウスメーカーの新築一戸建てポータルサイト

| 住宅営業マン | 11時09分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「住宅営業マン」の年収は・・・

住宅メーカーの多くが売上実績による給与体系になっている。

したがって若くても売上が多ければ上司よりも年収は高い。
20代で1000万円以上の営業マンも少なくない。30代で2000万円越えの営業マンも知り合いに多数いる。逆に年収300万円以下の者も多いと聞く。売れる営業マンと売れない営業マンの格差が激しい業界のようだ。

新卒数年で年収1000万円も夢でない業界のため、愚息をお願いしようと考えた時期もあった。ただ、どこの営業マンも声をそろえて言う。「他に仕事があるのであればよしなさい」と・・・。いわゆる若くして大金を手にしてしまうことに弊害も出る。もっと身につけなくていけないことが身に付かない者たちが多い。

更に、「住宅展示場へ行けば分かると思います」・・・若手の営業マンはいますが50代前後の営業マンが少ないでしょ。殆どが第一線からリタイア。年収も大幅に減少して「管理職や事務職」になる場合が多いという。結局、早期退職を余儀なくされている者も多いようだ。大和ハウスなどは高齢の営業もいるそうだがフルコミッションとのこと。確かに脂の乗った年代はよいが40代からが大変な業界のようである ・・・住まいブログへ

| 住宅営業マン | 00時37分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。