≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

デフレで「家も安くなった」・・・でも大丈夫?

デフレスパイラルがゆっくり加速している。
お昼の弁当も300円以下は今や当たり前。250円弁当も出てきた。ジーパンでも1000円以下だ。数万円出してジーパンを購入していた時代が懐かしくも思える。

実は、「家」もそうである。
40坪で2000~4000万円は普通の時代が、今や普通ではない。高いのだ。
坪で30万円の業者が出てきたかと思えば、28万○千円のところも。
新築本体価格で1200万円のところが出たかと思えば、1000万円の業者も。
今では1000万円を切る業者も出てきてしまった。

利益が出るのであろうか?・・・某安売り住宅メーカーの話では「薄利多売」だそうである。
とうとう「住宅もここまで来たか」と・・・消費者にしてみれば「安ければ」それに越したことはないのだが。ただ、不安は募る。

先日、某安売り住宅を建築中の棟梁を突撃取材。
「安売り住宅」は構造体を大量に生産することで、ある程度経費を抑えられる。
更に建築に掛かる「人件費」を抑えれば(建築に掛かる日数を削減)2000万円程度のものが1500万円にもできるそうだが。

ただ、ここで問題が発生する。
建築に3ヶ月掛かっていた家が2ヶ月になれば当然経費も削減できよう。
しかし、そこには「無理」が出てくる場合がある。
重要なのはここだと思う。各メーカーは「大丈夫」と太鼓判を押しているものの、現場を預かっている「大工」さんたちの不安はいったい何であろうか・・・ 住まいブログへ
スポンサーサイト

| ローコスト住宅 | 01時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お値打な住宅(?)・・・値引き1000万円

最近の広告でよく目にするのが「建築費1000万円差し上げます」とか「1000万円値引きします」である。
「展示場を安く提供します」なんてのは住宅メーカーが建築予定者の名簿取得のために良くやる手法。しかし最近では、建築費1000万円を出していただけるようだ。ただ、コノ場合も「抽選で○名様」などといったキャンペーンが多い。

ところがである。
先日、新聞広告で目にしたのが、「先着100名様に1000万円の値引き」であった。
更には海外旅行や金塊などもプレゼント・・・。
「とうとうココまでするか」といった業者が現れた。

一般の方々には本来の「住宅の価格」は分からないであろう。
また、住宅メーカーから提出される「見積もり」を見てもフムフムと納得してしまう場合が多い。
住宅業界では大手でも中小でも「値引き」はある。
提出された最初の「見積もり」からではあるが・・・。

大手住宅メーカーで200・300万円の値引きはよく耳にする。最初から値引き文を上乗せしてあるからである。先日は500万円の値引きも某住宅営業マンから聞いたが、「1000万円」は驚きである。
最近よくきく「安売り住宅メーカー」だと1000万円で住宅が建つなんてあるので
1000万円値引いてくれればタダで家が建ってしまう。しかも海外旅行や金塊までもゲット・・・
できるわけないですよね・・・ 住まいブログへ

| ローコスト住宅 | 08時48分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

25万8千円/坪の展示場に行ってきました PART2

ここの構造は「木造軸組工法」・・・いわゆる在来工法なのですが、筋交いでなく壁で耐震力を高めているようです。

また、売りは「柱」・・・4寸の柱を使っているそうですが、全て集成材。
ただ、無垢よりも強度がある由。

しかし、土台は檜の「無垢材」を使用している。
集成材が強いのであれば、大切な土台も集成材にすればいいと思うのですが。
この辺りがしっくりこない点でした。

営業の方は、一生懸命にいろいろ応えてくれましたが・・・、
例えば防腐・防儀処理・・・木材の腐りやシロアリ対策ですが、檜を使っているので腐りやシロアリに強く、「特に何の処理もしなくて良い」といっていたものの「長期優良住宅」であれば、地上から1mまでには薬剤を塗らなくてはいけない。

いったいどっちなんだぁ・・・住まいブログへ

| ローコスト住宅 | 14時48分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

25万8千円/坪の展示場に行ってきました PART1

あれだけテレビでコマーシャル流しているのでいってきましたよ。事前に電話してからお邪魔しましたので、支店長の次に偉い方(営業マン)が担当してくださいました。

展示場には3タイプ。最初に入ったところ、扉を空けた瞬間「異様な匂い」
シックハウスになりそうな感じを受けましたが安いから仕方ないのかも・・・・?

ほとんどが「標準仕様」とのことでした。オプションに関しては全て張り紙で「オプション○○万円」と書いてあり親切でしたね。

取り急ぎ疑問に思っていた事を営業マンに投げかけました。

1.本当に25万8千円/坪で家が建つんですか?

家は建ちますが住むことができないようです。要は「家本体」の値段で、上下水道などの工事費が含まれていないようです。一般的にはこれらは100万円で済むところがココでは400~500万円掛かるようです。それでも一坪あたり33万~44万円で家が建ちます。(確かに安い!)

2.「キムタク」は通常契約金が1億ですけど・・・

たった一億ですよね!弊社は年間で1万棟を建てていますから広報費としては安いですよね。その前の方は5億だったそうです・・・・ 住まいブログへ


| ローコスト住宅 | 15時53分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。