201101 | ARCHIVE-SELECT | 201103

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

軽視されがちだが、実は重要な「地盤調査」

現在、新築であれば基本的に地震に強い家を建てることが、建築基準法などで定められている。しかし、その家を建てる土地「地盤」を重視する人は・・・少ない。

日本では現在「地盤調査」が義務付けされているが施主が立ち会っているであろうか?「地盤調査を行った」といった報告書だけをもらって安心していないであろうか?住まい情報

知り合いで地盤調査会社にみえた方がいる。
戸建の場合、多くがスエーデェン式サウンディングで行われる場合が多い。この試験にも様々な機械を用いるが最近は電動式が一般的である。また、調査個所も家を建てる予定地を4ヵ所以上、5・6ヵ所調査して総合判断する。この調査によって固い地盤層どこにあるかを確認して地盤改良をするかどうかを考察するのだ。

地盤調査の結果、「地盤改良」が必要な地域がある。私の住んでいる地域では大半が地盤改良を必要とする。要は「柔らかい土地」の上に家を建てると傾く可能性もあるからだ。

地盤改良には、様々な工法がある。ソイルセメントや鋼管杭などを用いると平米あたり数万円余分に掛かり、深くなればなるほど経費が掛かる。地盤改良が必要ない土地であれば余分な改良費用は必要ないが、改良が必要とされれば数十万から数百万円掛かる場合もある・・・ココが重要である。

地盤に関する知識のない素人は基本的には「業者の言うなり」になるしかない。必要もないのに地盤改良を勧められたり、必要なのに簡素な地盤改良であったり、地盤改良がされないまま家を建てることになったり。地盤調査が素人の集まりで行われたり・・・
実はよく聞く話であるから怖い・・・住まいブログへ
スポンサーサイト

| ・地盤調査 | 15時59分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。