PREV NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「住宅営業マン」の年収は・・・

住宅メーカーの多くが売上実績による給与体系になっている。

したがって若くても売上が多ければ上司よりも年収は高い。
20代で1000万円以上の営業マンも少なくない。30代で2000万円越えの営業マンも知り合いに多数いる。逆に年収300万円以下の者も多いと聞く。売れる営業マンと売れない営業マンの格差が激しい業界のようだ。

新卒数年で年収1000万円も夢でない業界のため、愚息をお願いしようと考えた時期もあった。ただ、どこの営業マンも声をそろえて言う。「他に仕事があるのであればよしなさい」と・・・。いわゆる若くして大金を手にしてしまうことに弊害も出る。もっと身につけなくていけないことが身に付かない者たちが多い。

更に、「住宅展示場へ行けば分かると思います」・・・若手の営業マンはいますが50代前後の営業マンが少ないでしょ。殆どが第一線からリタイア。年収も大幅に減少して「管理職や事務職」になる場合が多いという。結局、早期退職を余儀なくされている者も多いようだ。大和ハウスなどは高齢の営業もいるそうだがフルコミッションとのこと。確かに脂の乗った年代はよいが40代からが大変な業界のようである ・・・住まいブログへ

| 住宅営業マン | 00時37分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。