PREV NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

家にも人にも優しい「健康住宅」とは・・・

日本の住宅の寿命は諸外国と比しても短い。
その要因の一つが今の時期・・・梅雨でもある。

日本の夏は高温多湿。木造であろうが鉄筋であろうが住宅は「水に弱い」
木であれば「腐り」、鉄であれば「錆び」の原因となる。
したがって防腐処理・防錆処理をどのようにしているかが家には重要である。

更には湿度が高いと・・・カビやダニの発生を助ける。

ダニの研究者の講演を拝聴したことがあるがダニが生息するのに最適な湿度は60~80%。
温度は20~30度だそうだ。日本の夏の時期がダニにとっては快適なようでもある。因みにダニやカビを防ぐには湿度を40~60%以内に保つことで「55%」が理想と話されていた。

8年前に建てた我が家の「私の部屋」の現在の気温は26度、湿度78%。
ダニもカビも喜ぶ環境である。幼児や高齢者もいない我が家だから諦めもつくが、
女房が毎朝ボリボリ体をかいているのも納得(?)

とにかく「健康住宅」の最低条件は「湿度調整できる家」である ・・・住まいブログへ

ハウスメーカーの新築一戸建てポータルサイト

| ・注文住宅 | 08時40分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。