PREV NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

耐震構造、制震(減震)構造、免震構造を体験してきました。

毎日のように日本のどこかで地震が発生している。

私は単純に「地震」に強い住宅は「鉄筋」であろうと思っていたが、今や木造であろうが地震に対応した構造で震度7でも耐えうる住宅が増えてきた。耐震構造、制震(減震)構造、免震構造などを取り入れた住宅である。ただ、どの構造が良いだろうか?となる。

本日、住宅メーカーさんで全てを体験させていただいたが「免震構造」が一番安心だと私自身は感じた。前者二構造は家が潰れない仕組みになっているものの家財が散乱する恐れがある。したがって家財が散乱しないようストッパーを付けておけば良いのだが。

免震構造の住宅には驚いた。震度7でも恐怖感がまったくない。コップの中の水も飛び散らないのである。高層ビルや高速道路に採用されているのがこの「免震構造」のようだ。

ただ、コスト面が問題であろう。一坪十数万円。一軒で数百万円は余分に掛かる計算になるため自宅に導入しているお宅はまだ多いとは言えないようだ。「子ども手当」より、「太陽光発電」のように「免震構造」にも国が補助金を出したほうが良いと思うのだが ・・・住まいブログへ

ハウスメーカーの新築一戸建てポータルサイト

| ・住宅の性能 | 15時51分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。